NB事業部
ワイドレンジプロテクトHG-NB事業部
多目的美容液 VOAZ

有機きのこ生産組合連合会





将来、結婚したいとか、マイホームを買いたいとか、安心して老後をすごしたい、様々な目標を実現するには準備と計画が必要です。

その準備をきちんとしておくためにも、お金は必要です。

人生の夢や目標を思い描くことを「ライフプラン」といいます。そのライフプランを実現するには、お金が不可欠。そのお金を計画的に蓄えたり、増やしていたりするのが、マネープランであったり、資産運用だったりするのです。

そのマネープランマーケティングに関するプログラムのご案内です。

夢を実現するには綿密な計画と行動力が大事

長い人生や老後のために


長い人生や老後のためのマネープランはその名のとおり「お金の計画」をたてることです。

ひとくちにお金の計画といってもいろいろあります。「今、手元にある1万円で何を買おうか」というのもお金の計画ですし、「車が欲しいので、どうやってその購入資金をつくろうか」というのもお金の計画です。
マネープランは後者に近いです。1回きりの買い物ではなく、人生を通したお金の計画を立てる事をいいます。

長い人生、自分のやりたいことにはお金のプランが重要なのです。

とはいえ、いくらやりたいことがあっても、それを漠然と思い描いているだけでは実現することはできません。マネープランを作成するにあたり、出来るだけ具体的な目標をたてることが必要です。

いつまでにどれくらいのお金が必要かがみえてくる。
それば決まれば、あとはそのお金をどうやって作るかを考え、実行するだけです。

あなたのマネープランは大丈夫ですか?



お金をつくる四大要因(方法)

1.働いて収入を得る
2.節約して支出の額を減らす

3.権利収入を得る構造を構築する
4.手持ちのお金を別の資産に換えて増やしていく


長いスパンで目標や計画が立てれなくても…


近い将来、ふとした瞬間に「夢」が見つからないとも限りません。そのときのために、資産運用、マネープランは欠かせないのです。

では、将来の目標が立てにくいという場合には、マネープランをどのように考えればよいかというと…

短いスパンで考えましょう。「1年後、2年後にどれだけのお金を持っていたいか」という所に視点をおきましょう。そう遠くない将来ならイメージもしやすいですし、マネー支出の金額も長期的より明確になります。

◆そこでオススメしたいのが、少しずつでかまわないので、毎月積立貯蓄をしてください。できれば毎月の手取額の最低10%は積立に回してください。たとえ小額でも積立をあなどってはいけません。
2年間でも、積立をするのとしないとでは、大きく差がつきます。

◆もうひとつの方法は権利収入が発生する構造をつくり上げることです。
毎日コツコツ積み上げることによって半年後、一年後には本業で得る収入よりはるかに大きくなる可能性も十分にあります。

このようにして、将来を見据えつつ、マネープランを立てるクセを付けていきながら、目標を探してみて下さい。

常にお金の運用について計画的に考えるクセを身に付けながら、積立額や権利収入を徐々に増やしていけば、将来の可能性や資産運用の選択肢においても、さまざまなチャンスが広がります。


.